行き過ぎたグローバル化にブレーキがかかっている

アメリカ大統領選でトランプ氏が当選したことは、世界に衝撃を与えました。しかし日本にとっては、却ってよかったのではないかと思っています。日本経済はあまりにも輸出に頼り過ぎていますので、
トランプ氏がTPP脱退を明言したことで、日本は内需拡大に舵を切らざるを得なくなったからです。
グローバル化こそ世界経済繁栄の鍵などと言われてから久しいですが、その通りに世界はグローバル化に向かってきました。しかし、一部の富裕層だけが潤い、大多数の各国国民は収入を増やすことができず、貧富の格差がますます広がってしまう結果になりました。
このことに気づいた人々の想いが、イギリスをEUから離脱させ、アメリカにトランプ大頭領を誕生させたと言ってもいいでしょう。これらは行き過ぎたグローバル化に対するブレーキではないかとさえ思えます。
何事も行き過ぎると碌なことがありません。世界を見る前に、もっと自分たちの足元を固めることが必要ではないでしょうか。朝起きた時のアスタリフトの使い方