脱毛に使う道具

脱毛に使う道具は、脱毛の種類によっても異なってきます。主だった脱毛の種類ごとに使われる脱毛の道具を紹介していきましょう。

まずワックス脱毛の場合には、ワックスが必要となってきます。ミツロウなどを熱して溶かしたもので、冷めると固まるという特徴があります。このワックスを脱毛したい部分に塗って、当て布をワックスの上に置いてワックスが固まるのを待ち、ワックスが固まったら当て布を勢いよくはがすことで固まったワックス内のムダ毛を引き抜くという方法です。

クリームによる脱毛は、たんぱく質を溶かす働きを持つ脱毛クリームを使いものです。ムダ毛はたんぱく質でできているため、このむだ毛を溶かして除毛するというのが脱毛クリームによる脱毛です。

クリニックで行う脱毛には電気針脱毛とレーザー脱毛があります。電気針脱毛は医療用電気針を用いて一本一本むだ毛に微弱電流を流して根元にダメージを与えて引き抜くという方法で、レーザー脱毛は医療用レーザー脱毛器でレーザー光を肌に当てて、毛根の根元になる発毛組織に熱ダメージを与えるものです。

同じような仕組みの道具として脱毛サロンの美容光脱毛器があります。このようなレーザー脱毛器や美容光脱毛器をコンパクトにして低出力化した家庭用脱毛器もあります。