目の前にいる私より、携帯が大事?

お友達同士やカップルがカフェなどでお茶をしているシーンをよく見かけます。もちろん私もよく行きます。そんなとき、いつも気になってしまうことがあります。それは、「ずっと携帯電話を触っている人」です。相手がいるのにも関わらず、無表情でずっと携帯電話を触っている人というのは意外と多いものです。

わざわざ予定を合わせて、待ち合わせして、お店を決めて一緒に入った相手が今現在目の前にいるのに、メールやSNSのチェックがそんなに大事なことでしょうか。ネット上の相手と、そんなに急を要してまで連絡を取り合わなければならない用事があるのでしょうか。私は相手にそれをされたらすごく嫌な気持ちになります。「何のために私がいるの?」と悲しい気持ちになります。私が声を発しなければ、平気で30分1時間無言で携帯を触り続けた友達もいました。(現在では疎遠になっています。)カフェを見渡していると、2人ともがそれぞれ携帯電話を触り続けている場面にもよく遭遇します。何のために顔を合わせているのか、意味が分かりません。携帯電話を触るという行為は、相手の存在を否定していると思います。携帯電話、SNSの普及が目まぐるしい現代ですが、コミュニケーションのあり方を間違えている若者が多いと感じました。
ミュゼキャンペーン 口コミ