脱毛の副作用について

よくお薬の作用と副作用のことを聞きますが、脱毛にも作用と副作用があるんですよね。副作用というのは、本来効いて欲しいこと以外の何らかの症状が出ることを言います。風邪薬で例えれば、薬を飲んで鼻づまりや咳は緩和されたけれど、眠気が起こったというような具合です。この眠気は副作用であり、眠れる状態の時には良いですが、仕事や勉強には妨げになってしまう副作用ですよね。脱毛の副作用とはどんな事があるのでしょうか。今、主体になっているのは光脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛と呼ばれている脱毛法です。出力の強弱など違いはありますが、どれも、特殊な光を脱毛したい部位に照射する施術法です。この光脱毛の副作用ってどんな事があるのでしょうか。光脱毛、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛は、どれも毛根部分の黒い色に反応して、毛根を焼き切るような施術方法です。光は、黒い部分に一番強く反応しますが、お肌にも光が照射されるために、お肌も軽く火傷を負ったような状態になります。脱毛をした後には、必ず、脱毛部位を冷却しますよね。「熱を持っている」という言い方もありますが、要するに軽く火傷をしているわけです。ですから、脱毛前後の日焼けはNGですし、お風呂でゴシゴシ擦るなどの強い刺激を与えるのもNGなのです。脱毛エステの場合、それぞれのサロンで美容成分を配合したジェルなどを使ってお肌のケアを行ってくれます。普段、あまりお手入れをしていない場合には、いつもよりツルツルになったと感じるほどです。脱毛は、女性なら多くの人がやっているから安心だと思っている方も多いと思います。しかし、低温火傷をしているという副作用のリスクをしっかりと知っておくべきでしょう。