毛抜き

ムダ毛の処理方法の一つに毛を抜く方法があります。 毛を抜くのはひげや指の頭髪が多いと思います。 いよいよ私も指は抜いていました。 髭はつらいので挫折してしまいましたが。

それでもがんばって抜いていらっしゃるお客様もいらっしゃる。 剃っても青く思えるからというのが原因のようですね。 剃っても青く思えると老けて見えるよね。

毛を抜く方法は、爪、毛抜き、抜毛テープなどがあります。

爪で抜くと途中で切れてしまって 綺麗にならない場合が多いんですよね。 引っ張っても引っ張っても抜けないことも多いですし。

抜毛テープも試してみましたが驚くほどまとまりませんでした。 必ずや銀座カラー名古屋で賞賛しますよ。 引き抜けるのは抜けるんですけどね。

ちなみに試した結果はこちらで確認できます。 外見に取り扱うのはNGなのでチャレンジしないでくださいね

試した申込、引き抜く方策は毛抜きがトップだと俺は判断しました。

剃刀で剃る感じくらいメジャーな処理方策ですが 毛抜きはいかなる長所があってどんな難点があるのでしょう?

毛抜きを取り扱う要素の最大のメリットは根元から処理やれる要素

黒い点々ができづらい

毛抜きの最大のメリットは根元から処理できるので 黒い点々ができ辛いということです。 剃ったりシェービングしたりしても黒い粒々がごま塩みたいにあるので プリティーじゃないわけですよ。

ところが毛抜きは根元から抜き出せるので 処理やるというのが割に分かりにくい。 具合が可愛いわけです。

いつでもどこでも処理がオーケー

いつでもどこでも行えるというのもありがたいですよね。 毛抜き1本あれば他には何もいりません。 動画もしませんしね。

期間が長い

次に生えてくるまでの期間が長いのもありがたいですね。 1本1本抜かなくてはいけないので時間がかかりますが 処理が終わってしまえば、多少放置していても安心!

毛抜きを扱う難点が多いのも事実

毛抜きを取り扱う要素の難点は苦痛。 きつい やっぱ痛いですね。 続けていけば慣れるらしいのですが 俺はそこまで積み重ねることが出来ませんでした