毛抜きで毛を抜くと

あなたは毛抜きでムダ毛処理をしていますか?
毛抜きでムダ毛処理をすると、埋れ毛ができたり、毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる症状を引き起こす可能性があります。

埋れ毛とは、別名で埋没毛ともいいますが、皮膚の下に毛が埋まってしまう現象です。
毛は目で見えるのですが、抜くことが出来ない状態になります。

毛抜きを使っていると、途中で毛が切れることがありますよね?
その切れた毛が皮膚に刺さり、そのまま埋まってしまうことがあるのです。

また、毛を抜いた後に毛穴付近の皮膚を傷つけてしまうと、皮膚が怪我をしたと勘違いして、角質層を厚くしてしまい、その結果毛穴を埋めてしまうのです。

そして、しばらくして新しい毛が生えてきたときに出口がなくて埋まってしまうというわけです。
そんな埋れ毛を治すには、放っておくのが一番です。

たまに穿り返して無理やり抜く人もいますが、それは肌が荒れるので、やらない方が懸命です。
というわけで、毛抜きは使わないようにしましょう。

脱毛ラボ 川口 店舗